縦型洗濯機は乾かない?│ドラム式との電気代と総コスト比較の結果も

『洗濯乾燥機は便利だ。』と使ってる人は口をそろえて言います。

乾燥するならドラム式が主流になってますね。

コインランドリーがドラム式だから?

ヒートポンプ式のランニングコストが安いから?

縦型洗濯機を使って洗濯物が乾かないと思ったことがある?

結論から言えば、
縦型洗濯機でも問題なく乾燥できます。

洗濯乾燥機を使ったことなくて試してみたいけどドラム式の洗濯機高いと思ってる方なら、もしかしてご自宅の縦型洗濯機に乾燥機能ついてませんか?

それなら、わざわざ買わなくても大丈夫です。

自宅では、10年近く2台に渡って縦型洗濯乾燥機を使用中です。

縦型洗濯乾燥機がドラム式と比べてメリットになる点は、いくつかあります。

・置き場所

アパートなどでも縦型洗濯機は置けるようにスペースが取られています。

コンパクトモデルのドラム式もありますが、手前にふたを開く構造なのである程度のスペースが必要です。

・導入コスト

乾燥を使ってみたいけど、試すにはドラム式は製品価格が高いです。

縦型なら7万円台から購入できます。

・乾燥時の槽内温度

縦型洗濯機はヒーターを使って高温で乾燥するので、カラッとふんわり仕上がります。

生乾き臭の元と言われているモラクセラ菌は熱に弱く60℃以上が20分程度続けば除菌できるといわれています。

乾燥方式槽内温度モラクセラ菌
縦型洗濯機約80℃以下
ドラムヒーター式約80℃以下
ドラムヒートポンプ式約60℃以下
ドラムハイブリッド式約60℃

電気代に関してはヒートポンプ式のドラム型洗濯乾燥機に完全に分があります。

でもそもそも、本体価格が違うので電気代だけで選ぶ必要はありません。

下では、導入コストとランニングコストを合わせた総コストを年別に計算しています。

まずは、縦型洗濯乾燥機での上手な乾燥のやり方や洗濯乾燥機自体のメリット、デメリットを考えていきます。

目次

上手な乾燥のやり方

放っておいても洗濯の全てを自動でやってくれるのが洗濯乾燥機の良いところです。

ですが、少し手間を加えれば洗濯物の仕上がりをもっと良くできます。

普段、私がやっている縦型洗濯乾燥機での乾燥方法を紹介します。

俺の乾燥

STEP
洗濯物を豪快に入れる

だが乾燥容量を守る。

STEP
洗剤を入れる

アタックZEROとレノアリセットとワイドハイターをきっちり測って入れる。

STEP
待つ

洗いから乾燥に切り替わる時間まで50分ほっておく。

STEP
バンバンする

乾燥に切り替わったら洗濯機を一時停止して、洗濯物のもつれをほぐしタオルをバンバンして生地を立たせる。

同時に、しわになりやすいものを出して部屋干しにする。

STEP
待つ

終わるまで2時間ほどまってしまう。

終わり。

手間はかかりますが、最後までほっておくよりタオルのふかふか感が段違いです。

季節により乾燥の仕上がりの設定を変更して乾燥時間を調整しています。

すすぎは2回、水は自動計測ではなく手動で少し多めにします。

ここからは、乾燥に関する問題の解決法を紹介します。

生乾きのような臭いがする

・過乾燥の可能性があります。ドライTシャツなどのすぐ乾く素材を長時間乾燥していると生乾きのような臭いが出る場合があります。

・乾燥まで終わったあと、長時間ふたを開けずに置いていませんか。ふただけでも開けておきましょう。

・ワイドハイターなどの酸素系漂白剤を入れて洗濯してみましょう。部屋干し臭の原因となっているモラクセラ菌の除菌にも効果があります。自動投入に対応していないのが少し不便です。

・ナノバブールを使ってみましょう。ナノバブル(ウルトラファインバブル)を洗濯機に後付けできる商品です。色々な分野で応用、実用化がされている技術なので信頼性はあると思います。東芝の洗濯機に標準搭載されていたり、ミラブル、ボリーナなどの高級シャワーヘッドもこの技術が使用されています。それが約4000円で後付けできます。

自宅で、ワイドハイターとナノバブールを使っていますが、生乾き臭などの匂いが発生したことはありません。小学校のエプロンについて乾いてしまったケチャップなどのシミも洗濯だけでキレイに落ちています。

22/3月にナノバブールプチが発売されて、より取り付けが楽になりました。

乾きが悪い

・洗濯物を入れる量は規定の乾燥容量までになってますか。洗濯乾燥の場合、槽の半分程度までしか洗濯物を入れることが出来ません。

・洗いから乾燥に切り替わった時に、運転を一時停止して洗濯物のもつれなどをほぐしてあげましょう。乾きやすくもなりますし、タオルは少し生地を立たせてあげるとよりふわふわになります。

・洗濯物を洗濯ネットに入れたまま乾燥すると乾きにくいです。ネットから取り出して乾燥するか、洗濯機から取り出して部屋干しにしましょう。

しわしわになる

・綿素材のものはしわになりやすいです。洗いから乾燥に切り替わったときに、取り出して部屋干しにしてあげましょう。

・しわ防止の柔軟剤を使ってみましょう。自宅ではレノアリセットを使っていますが、たまに違う柔軟剤を使うと分かるぐらいに違いがあります。微香タイプがおすすめです。

乾燥のデメリット

柔軟剤の匂いが飛ぶ

洗濯乾燥機はドラム式も縦型洗濯機も柔軟剤の匂いが残りにくいです。

乾燥時に温風に長時間さらされるため、匂いが飛んでしまいます。

現在の柔軟剤は匂いにこだわった商品も多く、値段も高価なものもたくさんあります。

その匂いが飛んでしまうのはデメリットと言えますね。

柔軟剤の匂いが苦手な人にはメリットにもなり得ます。無香の柔軟剤が販売されているぐらいなので一定の需要はあるようです。

毎回のフィルター掃除

洗濯乾燥機は乾燥運転をするたびに、乾燥フィルターの掃除が必要です。

自宅では、ハンディ掃除機を乾燥フィルター専用で1つ買って対応しています。それでも、やはり手間ですね。

シャープの上位機で、乾燥フィルターの半自動掃除機能がついたものがあります。乾燥後にフィルターのゴミをダストボックスに集めてくれて、それを何日かに1回捨てるだけでよくなります。人気らしくネットでも在庫がない店舗が多く納期が長いです。加えて上海ロックダウンの影響もあります。(22/5月現在)

本体価格とランニングコスト

洗濯機能のみの洗濯機は3万円台からあるのに対して、乾燥機能がつくと7万円台からの値段設定になります。

ドラム式の上位機になれば30万円近いものもあります。

電気代に関しても洗いのみは約2円に対して、乾燥まですると約16.2円~61.8円かかります。

価格差があるのは、乾燥の方式による違いです。

乾燥方式電気代本体価格
縦型洗濯機
ドラムヒーター式
ドラムヒートポンプ式
ドラムハイブリッド式

洗濯物が傷みやすい

温風に長時間さらされる上に、その間生地同士がこすれるため洗濯物が傷みやすくなります。

乾燥方式生地の傷みふんわり感
縦型洗濯機
ドラムヒーター式
ドラムヒートポンプ式
ドラムハイブリッド式

自宅で生地の傷みが一番強い縦型洗濯機で使ってますが、フェイスタオルで洗濯100回程度は気にせずに使うことが出来てます。

1回に回せる洗濯物量

乾燥をしようと思うと、1度に入れることのできる洗濯物の量が減ってしまいます。

現在発売されている洗濯乾燥機は最大でも7kgです。

よく言われる1日の1人当たりの洗濯物量は1.5kg。4人家族なら1回で回せる計算になります。

1.5kgってよく聞くけどこれほんとなの…
うち多分1人2.5kgぐらいあるんだけど

乾燥のメリット

家事の工程を減らせる

洗濯物を干すのはかなりの重労働ですね。私の嫌いな家事ランキング1位でした。毎回外に出るのが面倒くさい。しかも干すときと、取り込むときの2回。冬なんて凍える寒さ。途中で不意の雨なんか降った時には怒りがこみあげてきます。

それが、家の中で完結します。

しかも干す工程を飛ばせる。

忙しい朝に洗濯機のために時間を取らなくてもよくなります。タイマーで帰る時間に合わせてもいいし、スマホで遠隔操作出来る機種だってあります。帰ってきてから洗濯をし始めても3時間もあれば全てが終わってくれます。

してもいいラクはどんどんしていきましょう。

雨の日でも関係ない

梅雨が来たって気になりません。不意な雨だって気になりません。天気予報で1日の状況を把握する習慣をやめることもできます。

スマホに雨の通知がきて、『おいィ?』って思うこともなくなります。家族に『雨が降るから洗濯物しまって!』って連絡する工程もなくせます。

タオルがふわふわになる

タオルがふわふわになります。

外に干す場合でも、洗濯から干すまでをうまくやればふわふわにはできます。でも、結構難しいですよね。慣れてる人にとっては当たり前のことなのかもしれませんが、知識と技術が必要です。

でも、洗濯乾燥機なら簡単にふわふわになります。

総コストの比較

本体価格と機種ごとの1回の洗濯乾燥費用から年間別総コストを計算して表にしています。

条件

洗濯回数:機種の洗濯乾燥の容量から
(1週間の洗濯回数×年間の週数=年間洗濯回数)

私の家では、乾燥容量4.5kgの洗濯機で週に9回洗濯しているため週40kgの洗濯物量として計算

本体価格:ここ半年の間のそれぞれの最低価格

電気代:メーカーサイトの消費電力量から(27円/kWh)

水道代:メーカーサイトの標準仕様水量から(0.231円/リットル)

スクロールできます
縦型縦型ドラムドラムドラムドラムドラム
型番ES-TX8FES-PT10FES-H10FES-W114TW-127XP1LNA-LX113ALAQW-DX12M
メーカーSHARPSHARPSHARPSHARP東芝PanasonicAQUA
乾燥容量4.5kg5kg6kg6kg7kg6kg6kg
洗濯回数470418365365313365365
本体価格86,000116,000140,000210,000230,000187,000164,000
1回の電気代 48.648.650.816.234.325.930.5
1年間の電気代22,84220,31518,5425,91310736945411133
1回の水道代17.317.322.1121412.713.6
1年間の水道代8,1317,2318,0674,3804,3824,6364,964
1年間の費用116,973143,546166,609220,293245,118201,089180,097
2年間の費用147,946171,092193,217230,586260,236215,178196,193
3年間の費用178,919198,639219,826240,879275,354229,267212,290
4年間の費用209,892226,185246,434251,172290,472243,356228,386
5年間の費用240,865253,731273,043261,465305,590257,445244,483
6年間の費用271,838281,277299,651271,758320,707271,534260,579
7年間の費用302,811308,823326,260282,051335,825285,623276,676
8年間の費用333,784336,370352,868292,344350,943299,712292,772
9年間の費用364,757363,916379,477302,637366,061313,801308,869
10年間の費用395,730391,462406,085312,930381,179327,890324,965
項目ごとの最安値にみどり線

買い替え目安の7年間のトータル費用の洗濯物量ごとのグラフです。

洗濯物量が少なければ本体価格が安い縦型洗濯機のトータル費用が安い。洗濯物量が多ければ1回のランニングコストが安いヒートポンプ、特にシャープのW114が抜群にランニングコストが安いためトータル費用が安いようです。

まとめ

1週間の洗濯物量が40kgだった場合の総コストでは、1回あたりのランニングコストは縦型とドラム式で最大約3倍の価格差がありますが、本体代の価格差のおかげで買い替え目安の7年間の総コストをみると大差はない結果が見てとれます。

洗剤の自動投入の有無やフィルター半自動掃除の機能、乾燥の仕上がり、外観などの違いがあるので、総コストだけでは決めれませんが、選ぶときに縦型洗濯乾燥機を選択肢に入れても問題ないように思います。

特におすすめなのは、シャープの縦型洗濯乾燥機です。

穴なし槽のおかげで節水になっており、乾燥効率もいいため縦型洗濯乾燥機の中でのランニングコストはトップクラスです。

普通の縦型洗濯乾燥機にはある内ふたがない点もポイントです。2個開けるの面倒です。


かねらく


記事投稿のお知らせツイートしてます。

フォローお願いします!

かねらく


記事投稿のお知らせツイートしてます。

フォローお願いします!

このサイトが簡単に作れます

WordPressテーマ

目次
閉じる